なぜ「性」は依存性があるのか?

セックスは私生活であり、飢え、渇き、睡眠など他の私生活と同様に、人間の本能的な欲求です。 しかし、人によっては、性欲が強烈な心理的依存となります。常に性行為を追い求め、実行するようになる、すなわち、性依存症になる人がいます。ここでは、性依存性について少しご紹介します。

性依存症とは

まず、性依存症の定義については議論の余地があります。 専門家の中には、性依存症は正常な性行動を異常として扱うことになるため、病気と考えるべきではないと考える人もいます。 彼らは、性依存症は、その欲求や行動が本人や周囲の人々に深刻な害を及ぼす場合にのみ定義されるべきであると考えています。

第二に、セックス依存症は薬物やアルコールなどの物質ではなくセックスが関係しているため、実際には依存症ではないと考える人もいます。 これらの人々は、セックス依存症と薬物依存症を比較するのは不適切であると信じています。

性的依存症の原因

結論として、性的依存症の原因はさまざまであり、通常は生理学的、心理的、社会文化的要因の組み合わせの結果です。 セックス依存症(または「セックス依存症障害」としても知られています)とは、たとえマイナスの結果に直面しても、個人が性的行動や空想を制御することが困難になる、持続的なセックスへの欲求を指します。 これには多くの理由が考えられますが、次のような理由が考えられます。

生理的原因

生まれつき性欲や性ホルモンの分泌量が多く、依存症になりやすい人がいることが研究で明らかになっています。

心理的原因

幼少期のトラウマ、攻撃性の加害者、性行為の障害などにより、性に対して強い感情移入や欲求を持ち、それがきっかけでセックス依存症になる人もいるようです。

社会文化的原因

文化によっては、セックスは語られない秘密とみなされ、タブー視されたり、オープンに語られなかったりするため、個人のセックスに対する興味や好奇心が高まり、依存症に至る可能性があります。

パラノイアや強制

パラノイアや強制の結果、性依存症になる人もおり、不安や恐怖から執拗に性行動を求めることがあります。

性的依存症のリスク

一部の性行為については、たとえそれが危険でネガティブな結果につながるとわかっていても、自分の意思に反して強迫的にこれらの行為を繰り返すことになります。

依存の対象は、実際の相手との性交渉だけではありません。自慰行為に過度に溺れてしまったり、性的ないたずら電話やインターネットのアダルトチャットに夢中になってしまうということもあります。また、法に違反するものでは、痴漢や覗き、盗撮、露出などもあります。

以下の損失をもたらす可能性があります。

【社会的な損失】
スキャンダルによる失職や家庭崩壊、公共イメージや信頼の喪失につながります。

【身体的な損失】
大多数の人が性交渉の際にコンドームやその他の避妊具を使用しないと推定されます。
不特定多数との性行為による性感染症やHIVのリスクが考えられます。
また、女性ならば望まない妊娠や人工妊娠中絶などのリスクもあります。

性感染症治療薬を購入したい方へ

【経済的な損失】

職を失い収入が無くなったり、風俗通いがやめられなかったりして、借金を重ねてしまうケースもあります。

このような行動の繰り返しは、かつての快楽を得るためだけでなく、スリルや達成感、多幸感、そして 興奮、多幸感がより強くなることがあります。

依存性が深刻な場合、危険な地域や状況に身を置くこともあります。最悪の場合、命を落とす危険性さえあるかもしれません。